Japan Medical Society of infomation technology

日本医療IT研究会会則

第1条  (名称および事務局所在地)

本会は日本医療IT研究会と称する。

本会の事務所を会長宅に置く。

第2条  (目的)

本会は次の事項を目的とする。

 ①医療IT領域における進歩発展に寄与すること

 ②会員相互の親睦と医療並びに医療ITに関する

  知識の普及や技術の研鑽・情報交換

 ③その他必要なる事項

第3条  (構成)

本会は、医療ITまたはその関連領域で診療ないし研究に従事し、本会の目的に賛同した者によって構成する。

 ①会員はA・B・賛助会員を持って構成する。

 ②A会員:診療所もしくはその他の医療施設に従事する者でその代表者或いは管理者。

 ③B会員:A会員を除く医療施設従事者

 ④賛助会員:医療施設以外で医療ITまたはその関連領域施設に従事し、本会の目的に賛同した者

第4条  (入会)

本会に入会しようとする者は、文面(ファックス・メール可)により申込まなければならない。

その可否は理事会によって行われ、公報する。

第5条  (退会)

会員は以下の事由により、理事会の決定に基づき資格を喪失し、公報する。

 ①本人の文面(ファックス・メール可)による申し出があった場合

 ②本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に反する行為や、他の会員へ著しく迷惑を及ぼす行為のあった場合。

第6条  (役員)

本会の運営のため下記役員を置く。

 ①会長   1名

 ②理事長  1名

 ③理事  11名(理事長を含む)

 ④監事   2名

第7条  (役員の職務)

役員の職務を以下のごとく定める。

 ①会長は会務を総理し、本会を代表する。

 ②理事長は理事会を統括し、会長の補佐を行う。会長に事故ある時はその職務を代行する。

 ③理事は理事会を組織し、本会の運営にあたるものとする。

 ④監事は本会の会務および会計の監査を行う。

第8条  (役員の選出)

 ①会長はA会員の推薦により理事会の議を経て、総会で承認を得て選出される。

 ②A会員中より11名の理事を選出する。

 ③理事の互選により理事長を選任する。

 ④全会員中より2名を監事として選出する。

 ⑤任期中の理事または監事に欠員が生じた場合には、理事会は不足の理事または監事を現役員の任期を限度に、総会の承認を得て選任出来る。

第9条  (役員の任期)

役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第10条  (会議)

本会の会議は総会・理事会・各種委員会とする。

第11条  (総会)

本会の総会は定時総会と臨時総会とする。

 ①定時総会は毎年2回1月と7月を定例とする。

 ②臨時総会は必要に応じ開催する。

 ③総会は、会長がこれを招集し、出席A会員より議長を互選する。

 ④以下の事項は、総会において承認を得なければならない。

   a.事業計画

   b.予算・決算

   c.役員の就任

   d.会則の変更

   e.その他の重要な事項

第12条  (総会の議決)

総会の議決は出席会員の過半数をもってする。

第13条  (委員会)

本会は、必要に応じ委員会を設けることができる。

 ①委員は、会長がこれを委嘱し、委員長は委員の互選による。

第14条  (緊急事項)

緊急事項にて已むを得ない場合には、理事会が専決し、

総会にて事後承認を得なければならない。

第15条  (会計年度)

本会の会計は次の通りとする。

 ①本会の会計年度は1月1日に始まり、12月31日に終わるものとする。

 ②前年度収支決算は監事の監査を受け、理事会の議を経て、

  総会の承認を得るものとする。

本会則は平成15年7月21日から実施する。

    平成16年1月12日  改定

オンライン

現在オンラインのメンバーはいません。